ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

VirtualPC 2004にFedoraCore6を入れてみる

VPCダウンロード。VPCインストール。
「HomeEditionはサポート対象外」だと言われたが気にしない。
FC6のDVDイメージをダウンロード。

VPCで新規のVMをウィザード形式で適当に作る。
DVDイメージを指定して実行・・・しようとしたけど、DVDイメージに対応していないらしいので、DAEMON TOOLSで仮想DVDを作ってそれを指定。

インストーラ起動。
CUIモードでインストール。言語で日本語を選択すると「それでもインストールは英語よ?」みたいな警告が出るが無視。一通りインストールして再起動。

vpc001.png

なんの設定だこれ。途中、日本語を選択したせいらしい。とりあえず右のボタンが「次へ」のような気がするのでそれを選択。

ログインして、とりあえずstartx

vpc002.png

おおー・・ぉ・・

/etc/X11/xorg.confを書き換え
DefaultDepth 24→16
Depth 24→16

vpc003.png

きたー
ネットワークもDHCPですぐ繋がったな
(coLinuxのときは結局繋げなかった・・・)

さて・・あとは
# yum -y update
で半日ほど放置すれば出来上がりかな?

VirtualPC 2004
http://www.microsoft.com/japan/windows/virtualpc/default.mspx

FedoraCore6
http://fedora.jp/
スポンサーサイト
  1. 2006/11/30(木) 21:20:11|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

sendmailのキュー

送信できなかったメールは下のどっちかのキューに溜まる。
/var/spool/mqueue
/var/spool/clientmqueue

mqueueのキューを送信するには
sendmail-q

clientmqueueのキューを送信するには
sendmail -q -Ac


  1. 2006/11/14(火) 17:07:39|
  2. sendmail
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。