ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ssl設定したあとのapacheの起動

(apache2.x)
DSOでSSLを組み込んだapacheを起動するときに、
# ./apachectl start
とするとSSLなしのapacheが起動される。SSLつきで起動するには
# ./apachectl startssl
で起動する。んで、確認してみる。
# netstat -pln |grep httpd
tcp 0 0 :::80 :::* LISTEN 5160/httpd
tcp 0 0 :::443 :::* LISTEN 5160/httpd
80 と 443 ポート出てれば動いてる(んだろうと思う)。

ついでになんとなく、start と restart でもSSLつきで起動するように、apachectl の中身を書き換えてみた。(80行目ぐらい)
case $ARGV in
start|stop|restart|graceful)
$HTTPD -k $ARGV
ERROR=$?
;;
startssl|sslstart|start-SSL)
$HTTPD -k start -DSSL
ERROR=$?
;;
case $ARGV in
stop|graceful)
$HTTPD -k $ARGV
ERROR=$?
;;
restart)
$HTTPD -k restart -DSSL
ERROR=$?
;;
start|startssl|sslstart|start-SSL)
$HTTPD -k start -DSSL
ERROR=$?
;;
なんとなくやってみたかっただけ。特に便利になった気にはならないけど、書き換えてる最中はなんかコンピュータやってる感が出る。それだけ。
(スタティックにSSLを組み込んだ場合は知らない。同じだと思うけど。)
  1. 2005/09/08(木) 16:20:09|
  2. Apache
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

configure

configureはmakeファイルを作るための設定ツール。
makeファイルはインストールするためのツール。
make installでやっとインストール。

今のところこんな感じの認識。合ってるのか・・?

configureで設定するのが、apacheのインストールディレクトリだったり、追加モジュールの選択だったり。
さて、、次はモジュールについて調べましょうか。。。
  1. 2005/08/31(水) 14:15:10|
  2. Apache
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

apache と mod_perl と mod_proxy のソースダウンロード

http://httpd.apache.org/
バージョンが1.3.xxと2.0.xx。どっちにしようかと思ったら2.1.xxがα版で出てる。でも2.0.xxを選択。

ダウンロード
# cd /usr/local/src/
# wget http://sunsite.tus.ac.jp/pub/apache/httpd/httpd-2.0.54.tar.gz

そして展開
# tar -zxvf httpd-2.0.54.tar.gz

おー、、 /usr/local/src/ 以下にディレクトリ出来たよ、、なんかコンピュータ使えてる感がそこはかとなく・・と、変な感慨は置いといて。
次は mod_perl と mod_proxy の入手。

mod_perlのソースダウンロード
http://perl.apache.org/

mod_proxyのソースダウンロー・・
apache の modukes/proxy/ 以下に入ってた。

さて、組み込んで make ってどうやるんでしょ?
configure ってなんだ?
  1. 2005/08/05(金) 02:04:50|
  2. Apache
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

RPM の apache アンインストール

Fedora3で最初から入れてたapacheをアンインストール。
アンインストール時に依存関係で怒られたものも全部消した。

# rpm -e httpd httpd-manual httpd-suexec system-config-httpd mod_perl mod_python mod_ssl webalizer php php-ldap php-pear

うーん、、まあいいや動かなくなったらOSから入れなおせば。
よし、次は apache+mod_perl+mod_proxy
  1. 2005/08/04(木) 16:10:14|
  2. Apache
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

apache+tomcat成功

分かってみれば簡単なことだった。
解説はそこらじゅうにあるから、拙い説明なんかはしないけど。
苦戦してた理由が全部自分の勘違いミス。

・まずJavaが入ってなかった。
・J2SE1.4入れたけどtomcat5はjdk5じゃないと動作しなかった。
・mod_jkのバイナリが見っかんなかった。
・mod_jk2を入れたけどmod_jkとの違いが分からんかった。
・workers2.propertiesをapache側にコピーしないで編集してた。
・mod_jk2.confの編集をしたのかしてないのか忘れた。
・jk2.propertiesの編集をしたのかしてないのか忘れた。
・server.xmlの編集をしたような気がしていた。

結局は自分があふぉだっただけか・・。
ま、でも着手から12時間。やっと連携した。

一回出来ちゃえば、分かった気になる。もう一回やれって言われてもたぶんできる。たぶん。

残りは postgreSQL と struts と JDBC だけだ! _| ̄|○
  1. 2005/04/18(月) 04:57:50|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。